Saturday, April 13th, 2024

6号機の有利区間とは?終了タイミング・ランプの見方を解説

6号機の「有利区間」とは、一定のスパンで大当たりが出やすくなる時期のことを指します。これにはいくつかの要因が関与しています。終了タイミングやランプの見方について説明します。

有利区間の要因:

  1. 確率設定: 6号機は設定によって出玉の振れ幅が変わります。高設定の機種は有利区間が長くなる傾向があります。
  2. ランプの演出: 大当たりの確率を示すランプが光ることがあります。点滅が速くなると有利区間に入っている可能性が高まります。
  3. スイカの停止位置: 有利区間ではスイカが上段に停止することが多く、これを見て判断するプレイヤーもいます。

終了タイミングのポイント:

  1. 連チャンが終了する前: 有利区間での連チャンは当たりの可能性が高まるため、その前に終了した場合は出玉を増やしにくいです。
  2. 連チャンが続く直前: 有利区間が終了しても大当たりが続く場合、その直前に大当たりを引くことがある。

ランプの見方:

  1. ランプの点滅速度: 高速点滅するランプは有利区間に入っている可能性が高まります。
  2. ランプの色変化: 赤から青への色変化がある場合、有利区間に入った可能性があります。
  3. ランプの消灯: 有利区間が終了するとランプが消灯することがあります。